鋸山美術館(旧金谷美術館)情報

「金谷美術館」は「鋸山美術館」へ名称変更いたしました。
詳しくはこちらまで→http://nokogiriyama.com

今年(2019年)のコンクールの詳しい内容は「第6回 鋸山美術館コンクール」の項目で。h

「鋸山美術館コンクール2018 受賞者新作・審査員作品展」

鋸山美術館、新企画展「鋸山美術館コンクール2018 受賞者新作・審査員作品展」が始まりました。

こちらは昨年実施したコンクールの上位受賞者と審査員の作品を展示するもので、コンクールは10号以下の作品でしたが、新作展は100号を超えるものもあり見応え十分です。

受賞者にとっては1年間の成果を試す又とない機会であり、審査員にとっても自身が選んだ作品が受賞に値するか、その審美眼が問われる展覧会でもあります。

コンクールでは大賞の選定を見送り、金賞を3点選定するという前例のないものとなりましたが、結果的に金賞受賞者全員が大賞に値すると審査員が声を揃えておっしゃっていました。

とても素晴らしい作品ばかりです。ぜひご覧いただきたいと思います。
会期は12月8日(日)まで。