鋸山美術館(旧金谷美術館)情報

「金谷美術館」は「鋸山美術館」へ名称変更いたしました。
詳しくはこちらまで→http://nokogiriyama.com

今年(2019年)のコンクールの詳しい内容は「第6回 鋸山美術館コンクール」の項目で。h

「鋸山美術館コンクール2018 受賞者新作・審査員作品展」

鋸山美術館、新企画展「鋸山美術館コンクール2018 受賞者新作・審査員作品展」が始まりました。

こちらは昨年実施したコンクールの上位受賞者と審査員の作品を展示するもので、コンクールは10号以下の作品でしたが、新作展は100号を超えるものもあり見応え十分です。

受賞者にとっては1年間の成果を試す又とない機会であり、審査員にとっても自身が選んだ作品が受賞に値するか、その審美眼が問われる展覧会でもあります。

コンクールでは大賞の選定を見送り、金賞を3点選定するという前例のないものとなりましたが、結果的に金賞受賞者全員が大賞に値すると審査員が声を揃えておっしゃっていました。

とても素晴らしい作品ばかりです。ぜひご覧いただきたいと思います。
会期は12月8日(日)まで。

展覧会情報

【現在の展覧会】
展覧会名  「南房総ARTニューウェーブ〜鋸山アニマルワールド〜」
会期    2019年7月14日(日) ~10月14日(月)
開館時間  10:00 – 17:00 (最終入館は16:30まで)
休館日   火曜日
入館料   一般800円 中高生500円 小学生以下無料障害者手帳お持ちの方無料 団体20名以上1割引
主催    公益財団法人 鋸山美術館(7月14日より金谷美術館から改称)
後援    富津市/富津市教育委員会/鋸南町/南房総市/館山市/鴨川市
会場    公益財団法人 鋸山美術館
住所    〒299-1861 千葉県富津市金谷2146-1
電話    0439-69-8111  FAX 0439-69-8444
交通手段  
電車 内房線浜金谷駅から徒歩5分/車 富津金谷ICから車で5分/東京湾フェリー 金谷港から徒歩1分

南房総で活躍するアーティストを紹介する展覧会。南房総はアート活動が活発な地域で「コヅカ・アートフェスティバル」や「アートフリーマーケットin千倉」など独自のアートイベントが多く開催され、新進気鋭の若手作家も多く存在します。そのようなアートで盛り上がる南房総の魅力を南房総の玄関口、千葉県富津市金谷にある鋸山美術館で紹介することで、南房総の多様な表現の今をご紹介できることと思います。出品予定作家はイラストレーター・絵本作家として活躍する山口マオや「コヅカ・アートフェスティバル」代表の宮下昌也など南房総のアート活動を盛り上げる新進の作家たち。この他、今井俊や直江みちる、早川榮二、桧山薫、坂本一樹、望月純、喜多村紀、ウエマツナナエ、坂本真彩、クリシュナ智子など絵画や彫刻、立体や平面、男性、女性など多様な作家、総勢12名による展覧会となります。テーマは海や山など豊かな自然に恵まれ、酪農発祥の地ともされる南房総ならではの「動物(アニマル)」(小動物から大型動物、魚介類やペットまで、動物全般)とすることで、大人から子供まで楽しめるポップな内容となり夏休みシーズンを大いに盛り上げてくれることでしょう。また日本のアートシーンの中での南房総の新たな潮流が感じられる展覧会となることと思います。


【南房総ARTニューウェーブ 関連イベント】

「出品アーティストによるライブペインティング」
7月14日(日)13:30〜16:00
【内容】出品作家によるライブペインティング。出品作家が一つの大きな布に絵を描きます。(雨天決行)
【料金】イベント観覧料無料、ただし入館料800円は必要

「今井俊 木版画ワークショップ」
8月11日(日)13:30〜16:00(参加費500円)
【内容】版画家今井俊がオリジナル版木を使って版画の刷り方を教えます。
【料金】参加費500円 ※大人の方は別途入館料800円、小学生以下は入館料無料

「奈良大介 ライブ × 宮下昌也 ペインティング」
8月25日(日)14:00〜15:30(13:30受付開始)
【内容】西アフリカの太鼓ジャンベ、奄美の三線などの音楽演奏と共に、画家が即興で絵を描いてゆく、必見のアートパフォーマンス。
【料金】2500円(展覧会観覧料800円を含む)
【定員】50名(事前申込制)

「アートフリーマーケット」
9月15日(日)10:00〜16:00
【内容】アート雑貨を扱う作家を中心としたフリーマーケットを開催します。
【料金】アートフリーマーケット(参加無料)※入館の際は別途入館料800円、小学生以下は入館料無料

「ジュゴンボーイズクラシックコンサート」
9月28日(土)13:30〜(13:00受付開始)
【内容】鋸山美術館ではおなじみのチェロとチェンバロによるコンサートを今年も開催します。
【料金】2,500円(当日観覧料を含む)
【定員】50名(事前予約制)

【イベントお申込先】
公益財団法人 鋸山美術館(金谷美術館)
千葉県富津市金谷2146-1
電話: 0439-69-8111  FAX: 0439-69-8444

イベント情報

現在の展覧会イベント
【南房総ARTニューウェーブ 関連イベント】

「出品アーティストによるライブペインティング」
7月14日(日)13:30〜16:00
【内容】出品作家によるライブペインティング。出品作家が一つの大きな布に絵を描きます。(雨天決行)
【料金】イベントには入館料800円が必要です。

「今井俊 木版画ワークショップ」
8月11日(日)13:30〜16:00(参加費500円)
【内容】版画家今井俊がオリジナル版木を使って版画の刷り方を教えます。
【料金】参加費500円 ※大人の方は別途入館料800円、小学生以下は入館料無料

「奈良大介 ライブ × 宮下昌也 ペインティング」
8月25日(日)14:00〜15:30(13:30受付開始)
【内容】西アフリカの太鼓ジャンベ、奄美の三線などの音楽演奏と共に、画家が即興で絵を描いてゆく、必見のアートパフォーマンス。
【料金】2500円(展覧会観覧料800円を含む)
【定員】50名(事前申込制)

「アートフリーマーケット」
9月15日(日)10:00〜16:00
【内容】アート雑貨を扱う作家を中心としたフリーマーケットを開催します。
【料金】アートフリーマーケット(参加無料)※入館の際は別途入館料800円、小学生以下は入館料無料

「ジュゴンボーイズクラシックコンサート」
9月28日(土)13:30〜(13:00受付開始)
【内容】鋸山美術館ではおなじみのチェロとチェンバロによるコンサートを今年も開催します。
【料金】2,500円(当日観覧料を含む)
【定員】50名(事前予約制)

【イベントお申込先】
公益財団法人 鋸山美術館(金谷美術館)
千葉県富津市金谷2146-1
電話: 0439-69-8111  FAX: 0439-69-8444

第6回 鋸山美術館コンクール

金谷美術館は7月14日から鋸山美術館へと名前が変わりました。これまで「金谷美術館コンクール」として親しまれてきた当公募展も「鋸山美術館コンクール」として生まれ変わりました。(毎年のアットホームな雰囲気も引き継がれました!)
大変遅くなりましたが、今年の募集要項が出来上がりました。今年は11月8日(金)が申込締切日です。今年もたくさんの方々のご応募をスタッフ一同お待ちしております。
募集要項各ページを印刷して応募することもできます。










ファンクラブ会員募集

鋸山美術館ファンクラブ会員募集中!

鋸山美術館ではファンクラブ会員を募集しています。
嬉しい特典は以下の通り!

1.  企画展観覧料無料
(年間4〜5回開催される特別展(通常800円)が無料で見られます)

2.  ミュージアムショップ10%割引
(当館オリジナル商品など多数ご用意しております)

3.  鋸山美術館主催の各種講座を優先的にご案内
(当館主催の美術史講座や各種イベントへ優先的にご参加いただけます)

4.  定期刊行物の送付
(当館が発行する「美術館だより」を送付いたします)

5.  挽きたて淹れたてドリップコーヒー1杯無料
(スタッフが真心込めて淹れたドリップコーヒーを1杯無料にてご提供)

6.  各企画展レセプションへご招待

年会費3,000円(申し込みから1年間有効)

別館石蔵(展示案内)

別館石蔵での展示情報


「旅するポストカード展」
アーティスト:Masumi Nyui
会期:2018年5月13日(日)〜7月16日(月)
時間:午前10時〜午後5時
休館日:火曜・水曜日
入館料:無料(本館の「堂本印象の世界展」は有料 一般800円)

明治35年建設の別館石蔵をご利用いただけます。

金谷美術館では別館の石蔵を一般の方に貸しギャラリーとして解放しております。
サークル活動や団体の発表の機会にぜひご活用ください。

利用料:1日5,000円(4日間利用の場合5,000円×4日=20,000円)

貸しギャラリー展示のご案内

「和のキルトと吊るし雛」展
主催:千葉カザグルマリーダーグループ有志
日時:2018年3月15日(木)〜 18日(日) 午前10時 〜 午後5時
場所:金谷美術館別館(石蔵)千葉県富津市金谷2146−1
お問合せ:こっとん来夢(043-243-3050)
※和小物の販売もいたします。

「始まりました。キルト展」
前日の展示替えも無事終了し、本日より「和のキルトと吊るし雛」展がスタートしました。手の温もりが伝わるキルト作品に心が癒されます。18日(日)まで開催しています。別館のキルト展のみご鑑賞の場合は、入館無料です。是非お越しください。