logo
top
カテゴリ

  TOP PAGE

  挨拶

  展覧会

  about KANAYA

  社会貢献活動

  所在地・入館料

  アクセス

  メルマガ

  ボランティア

  問合せ

イベント

  今後のイベント

  過去のイベント

link

  Blog   twitter   facebook   twitter

  twitter

BN住所

 〒299-1861
  千葉県富津市金谷2146-1

 TEL: 0439-69-8111
 FAX: 0439-69-8444
 E-MAIL: voice@kanayaart.com

 開館時間: 10:00〜17:00
  ※ご入館は16:30まで。
  ※開館時間は状況により変更する
   場合があります。
 休館日: 水曜日
     (祝日の場合は翌日休館)
     展示替え期間、年末年始




□■金谷美術館コンクール2016 入選・受賞者発表■□

☆詳しくはこちらからご覧ください。

■次回の企画展


展覧会名:金谷美術館コンクール2016

会期:2017年2月25日(土)〜5月7日(日)
    10:00〜17:00(入館は30分前まで) 
     *毎週水曜日休館、ただし5月3日(水)は開館
入館料:一般800円、中高生500円、小学生以下無料


con1.jpg


<開催概要>
 金谷美術館は、数々の文人や芸術家たちに親しまれてきた鋸山の麓、金谷の地に「美しいもの、大切なものをみんなで伝え遺し、生かしていく美術館」として町おこしの過程で生まれました。訪れる方々に感動と元気を与えられる美術館でありたいと努力しております。
このたび、「金谷美術館コンクール2016」として地域の芸術振興を図るため、自然や人物、静物、風物詩など身近なものを対象に自由に表現された平面作品を募集いたしました。本展では、審査員7名により選出された入選・入賞作品を一堂に展示いたします。全国より寄せられた、表現豊かな作品の数々をどうぞご覧ください。

□審査員 ※敬称略
 斎藤    寅彦(旺玄会副理事長)
 志村    節子(立軌会同人・女流画家協会委員)
 根岸  嘉一郎(現代水墨画協会理事長・現代日墨画協会会長)
 松崎    十朗(日展会員)
 松田     茂(日展会員・東光会副代表理事)
 宮     いつき(創画会会員・多摩美術大学教授)
 鈴木    裕士(公益財団法人金谷美術館代表理事)
※本展では審査員の作品展示はございません




■イベント情報

★☆ gooddo(グッドゥ)に参加させて頂きました☆★

リンク先「応援する!」ボタンで、毎日1クリック金谷美術館をご支援頂けますと幸いです。
〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜
『公益財団法人 金谷美術館』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜


★☆南総金谷芸術特区☆★

▽開催日:3月10日(金)〜20日(月)※15日(水)は休み
▽時間:【平日】14:00開始(ツアーのみ)
    【土日祝】10:00〜16:30
▽場所:金谷美術館など金谷地区各所
▽内容:作品を通じて社会に「問いかけ」をしている10人の芸術家が、金谷に宿泊滞在して作品を制作し、各々の「問いかけ」を発表します。
▽webサイト:http://www.kanayagt.com


「南総金谷藝術特区」は、過疎化、人材不足の問題を抱える「金谷」が、創造力の豊かな次世代を育むべく、「考える人のまち」を目指すものです。

そこで、日頃より作品を通し社会に「問いかけ」をしているアーティストを金谷に招き、滞在型作品制作プログラムと、その成果発表会を、平戸貢児(女子美術大学教授)総合ディレクションにより企画する運びとなりました。

金谷に住む人々や、訪れる人々が、芸術を通して自分の過去、現在、そして未来を「考える」特別な機会になることを願っています。

アーティストは2016年11月に、現地の見学会とプログラムのオリエンテーションに参加。2017年2月より、金谷の民家や展示場にもな る温泉宿「金泉館(きんせんかん)」に宿泊し、滞在を開始します。

地域の人々との交流を通し、金谷の文化、歴史、風土を研究し作品を制作、そして3月に各々の「問いかけ」を発表します。

       特区1   特区2
                  ○南総金谷芸術特区はこちら

                  ★ 【PDFのパンフレットはこちら】


■スウェーデン芸術祭のビデオ(レセプションの様子)

Fes2015


★☆石と芸術のまち 金谷のご紹介☆★

[金谷]
⇒富津市観光パンフレット 【futtour (フッツアー)】English中文韓国語
[まちのたね]
[ネイチャーミュージアムNOKOGIRIYAMA]について

イベント1

■Bali KANAYA

バリ・金谷

■金谷美術館サポーター募金のお願い

金谷美術館は芸術家たちに親しまれてきた鋸山の麓、金谷の地に「美しいもの大切なものをみんなで伝え遺し生かしていく美術館」として生まれました。
美術をこよなく愛する方々よりのご寄贈や無償貸与いただく作品と、多くのボランティアに支えられている美術館です。
その活動は美術を通した被災地支援、海外支援、教育、地域振興、文化財保護等々、協力や連携の輪を広げ賛同下さる方々よりのご支援の元、公益財団法人として運営されております。多くの皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。

☆お名前を銘板に記録させて頂きます☆
(公益財団法人金谷美術館へのご寄付は税控除の対象になります)

★1口3,000円より
★郵便振込または美術館受付にて

※詳細は[こちら]から。

口座番号( 0 0 2 0 0 -0- 9 7 9 2 9 )
公益財団法人 金谷美術館
〒299-1861
千葉県富津市金谷2146?1
TEL:0439-69-8111

プレスリリース財団概要プライバシーポリシーお問い合わせ
Copyright(c) kanaya artmuseum All rights reserved.